イヴニング

スポンサーリンク
創世のタイガ

創世のタイガ 最新64話 ネタバレ感想 タイガ、鉄の剣を手にする!

リクの製鉄 ホモサピエンス達を使って、自作の炉で製鉄に挑むリク。 リク「もっと燃やすんだ!よし…いいぞ今度こそ!」 リクが行っているのは原始的な製鉄だったが、製鉄の始まりは本来3500年前くらいであり、数万年を飛び越えるほどのオーパーツを生み出そうとする行為だった。 ドロドロの鉄を剣の型に流し込んでいくリク。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新63話ネタバレ感想 騒霊館、犯人判明!

荒らされた部屋のトリック 関係者の前で事件のトリックについて解説を進めていく金田一。 しかし黒原が横やりを入れてくる。 黒原「待ってください。動機とか話が飛びすぎじゃないですか。その前に、他二つの怪奇現象はどう説明するんです?」
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新62話ネタバレ感想 心霊現象のトリック

謎の幽霊? 荘麗館を背景に、姿の見えない謎の人物のモノローグから始まる。 ???(あなたはあたしのこと気づいてたのね。それでこんなことを…。まだ一人残ってる。どうしてもやるの?) ???(ヤラナクチャ…アトヒトリ…)
創世のタイガ

創世のタイガ 最新63話 ネタバレ感想 タイガのアナグマ狩り

VSホラアナグマ ホラアナグマの狩りに出ているタイガやナクム達。 巣穴の外から煙で燻し、ホラアナグマをおびき出そうと待ち構えている。 そして飛び出してくる巨大なホラアナグマ。 ホモサピエンス達は一斉に槍を投げるが、弾かれてしまって槍が通らない。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新61話ネタバレ感想 金田一の現場検証

謎を解く決意をした金田一 荘麗館で3人の犠牲者が出た時点で、謎を解く覚悟を固めた金田一37歳。 電報堂の白鳥は人間と幽霊の両方を考えるべき、と主張。 夫を殺された唐崎萌音は恐怖心から、今夜は白鳥と一緒に寝たいと申し出る。 まりんも「一人で寝れるかな…」とぼやくが、金田一は聞こえなかったふり。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新60話ネタバレ感想 自動発火トリック

3人目の犠牲者 内側から板と釘で扉を塞がれた部屋の中から見つかった、金づちで額を割られた庭本大河の死体。 黒原「これで3人目…!我々はどうなってしまうんだ?」 現場が騒然となる中、ルポライターの佐熊洋平がまたも熱心に写真を撮る。
創世のタイガ

創世のタイガ 最新62話 ネタバレ感想 今を命がけで生きる

マンモスに乗って帰還するタイガ ホモサピエンスの集落では、リクたちが作業をしながらタイガ達の帰りを待っていた。 突然パニックに陥るホモサピエンス達。 遠くからマンモスがやって来るのが見えたからだった。 しかりリクがいち早く、マンモスの背中にタイガが乗っていることに気づく。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新59話ネタバレ感想 密室殺人2連続!

第二の犠牲者は密室で殺されたと判明 倒れた甲冑の鉾が刺さって死亡していた久門朝香(25)の死体が発見される。 またポルターガイストか、と騒ぎ経つ一同。 そんな中、ルポライターの佐熊洋平は「ポルターガイスト現象を記録しておく」と言って部屋の中を撮影し始める。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新58話ネタバレ感想 荘麗館第二の犠牲者

シャワーを浴びに行く白鳥達 金田一、まりん、それに電報堂の白鳥と黒原が、四人で話し合い。 外界とつながる橋が焼け落ちてしまった。 迎えのバスが来る明後日まで、自分たちだけで何とか持たせなければいけない。 黒原と白鳥はシャワーを浴びるため、一旦部屋に戻ると言い出す。
創世のタイガ

創世のタイガ 最新61話 ネタバレ感想 敵の正体は神の子!?

タイガ達の勝利 成長した子マンモス・アフリカに乗って無双するタイガ。 恐怖にかられ、逃げ惑うネアンデルタール人たちは、なすすべもなく蹂躙されていく。 あらかたネアンデルタール人を片付け終えたタイガは、ナクムたちと共に「ウシィンデ!」と勝ち鬨の声を上げる。
スポンサーリンク