横槍メンゴ

スポンサーリンク
推しの子

推しの子 最新話 38話 ネタバレ感想 アクアを見て奮い立つ有馬

B小町のライブスタート 新生B小町のファーストステージがついに始まる。 人気配信者で今ガチにも出ていたMEMちょ目当ての客が多い。 ただ、中には「B小町」や「アイ」の名を覚えていて見に来た古参のファンも。
推しの子

推しの子 最新話 37話 ネタバレ感想 燃える有馬

眠れなかった有馬 ぴえヨンの中身がアクアだったことが気になって、眠れなかった有馬。 ライブ当日になってもまだ頭がごちゃごちゃしている。 せめて楽屋で仮眠を取ろうと考える有馬だったが、楽屋は数百人規模の関係者で埋め尽くされ、人口密度がえげつないことになっていた。
推しの子

推しの子 最新話 36話 ネタバレ感想 新生B小町デビュー前夜

トレーニング中のB小町 ぴえヨンのサポートを受けながら、ファーストステージに向けてトレーニングに励むB小町の三人。 休憩中、有馬はぴえヨンからドリンクの差し入れを受けつつ、「アクアとは大違いねー」とアクアの悪口を言い弾い目る。 MEMちょ「有馬ちゃん、アクアたんのこと嫌いなの?」 有馬「好きになる要素一個もない!」
推しの子

推しの子 最新話 35話 ネタバレ感想 有馬がぴえヨンに惚れる?

センターを拒む有馬かな 事務所でカメラを回しつつ、有馬がセンターになったことを祝福ムードで宣言するルビーとMEMちょ。 センターに選ばれた気持ちを聞かれた有馬は、笑顔でカメラを止めさせる。 有馬「センター嫌だって何度も言ったよね。私みたいなちょろくて流されやすい女、動画撮影しながらしれっと既成事実にすれば断れないとでも思った?」
推しの子

推しの子 最新話 34話 ネタバレ感想 B小町のセンターは有馬!

プロデューサーからすし屋でアイの秘密について聞くアクア。 P「劇団ララライ。そのワークショップに通いだしてからアイは身なりにも気を使いだした。良い食事の場所を聞いてきたりね。相手が誰かまではわからなかったけど、一気に女性の顔になったよ。興味があるならララライの主催を紹介してあげよう。君の求める答えに近づけるんじゃないかな」 アクア「…なぜそこまで?僕はただの役者崩くず。実績も何もない」
スポンサーリンク