かぐや様は告らせたい 最新236話ネタバレ感想 石上ミコを抱く?

kaguyasama236 かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2021年12月2日更新!

かぐや様は告らせたい 最新236話『そして、石上優は目を閉じた⑤』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

とらじろう
とらじろう

ネタバレ記事は画像の使用(画バレ)と詳細な書き起こしは避けて、あらすじがざっとわかる程度にとどめてあるよ。

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい 最新236話 ネタバレ!

伊井野と石上が自宅で二人きり

四宮家のお家騒動の影響で、生徒会メンバーにも四宮家の手が忍び寄る。

石上はミコの安全のために家まで送り届けるが、流れで家に二人きりに。

ミコは石上に生徒会の今後のことを真面目な顔で話すが……。

ソファに並んで座る石上は、自分の手の上に置かれたミコの手が気になって仕方なく、話の半分も頭に入ってこない。

石上(これはいわゆる良いムードなのか?手をつないでくるって、そういうことか?)

ミコは一度用事で立ち上がり、石上から手を離すが、戻ってくると再び石上の横に座って手をつないでくる。

石上はドキドキしっぱなしになりながらも、来季の生徒会はどうするのかというミコの問には真面目に答える。

石上「わかんねえ。生徒会の仕事にそこまでじょうてつないし。恩のある会長に救われて逃げ込むように入ったけど、今は生徒会以外にも居場所ができた」

ミコもそれを理解し、石上が無理に生徒会を続ける必要はないという。

ミコ自身はたとえ一人でも生徒会を続けるつもりだといい、石上はそんなミコを褒めながら頭を撫でる。

ミコはこれまでの生徒会の活動を通して、かつて自分が目指していたルールに正しい学園生活に疑問を抱くようになったことを打ち明けるが、石上はミコの髪のサラッサラ具合に夢中で話を聞いていなかった。

適当な相づちでごまかす石上だったが、ミコは石上に「もっと甘やかしてほしい」と胸によりかかってくる。

ミコの肩を抱く石上

石上はワンチャンを感じ取る。

石上は子安つばめに手を出さなかったことを実は後悔しており、それは童貞にありがちな性欲に流されない男アピールであったが、それが女性を傷つける結果になることもある、と今の石上は理解していた。

あの日と同じことになったら迷わず手を出す、そう決めていた石上は、寄りかかってきたミコの頭をと肩を自分から抱き寄せる。

お互い内心では、向こうから誘ってきたと思っていたが、どちらが先かというのは問題ではなく、あとは両者の気持ちとタイミングだけ、とナレーション。

そこでタイミング悪く石上のスマホに着信が。

かぐやから石上に電話が

ムードを壊されてがっかりした感じの石上だったが、着信相手の名前を見て真顔になる。

石上「お久しぶりです、四宮先輩。会長に?直接言ったら……え?それって……ちょ、四宮先輩!?」

言うだけ言われて電話を切られてしまった石上は、ミコにも電話の内容を伝える。

石上「四宮先輩、秀知院やめるらしい」

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい 最新236話 感想と考察レビュー!

石上本人はつばめ先輩に手を出さなかったことを悔いているようですが……。

ミコからしたら今回未遂に終わったとはいえ、つばめ先輩には手を出さなかった石上が自分には手を出そうとしてきた、となるわけですよね。

かぐやからの電話でそれどころでなくなったとはいえ、落ち着いたらふたりが今回のことをどう捉えるか楽しみです。

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のかぐや様は告らせたい最新236話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

とらじろう
とらじろう

次回の「かぐや様は告らせたい 237話」もネタバレ記事を更新予定だよ。

前回の「かぐや様は告らせたい 第235話」ネタバレ感想記事はこちらから↓