金田一37歳の事件簿

イブニングに連載中の人気漫画「金田一37歳の事件簿」の最新話ネタバレ感想記事一覧です

スポンサーリンク
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新75話 ネタバレ感想 過去のリンチ殺人

10年前の惨劇 ミステリ大賞受賞作「綾瀬連続殺人事件」に見立てて行われた連続殺人事件。 最後は作者の瀬戸倉涼が車で練炭自殺したと思われたが、金田一は真犯人が別にいると推理。 推理を進めていく金田一は、作家の間宮利一が10年前に書いたという、「十代の悪魔たち」という本を手渡される。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新74話 ネタバレ感想 犯人の過去の罪

警察は瀬戸倉犯人説で動く 瀬戸倉涼が自殺に偽装された形で発見される。 やる気になった金田一は事件の解決を決意。 しかし夜が明けて、警察の捜査本部は瀬戸倉涼が犯人で自殺したと断定し、最初の二人の犠牲者だけを調べるという捜査方針を打ち出す。 金田一、そしてフミは真壁から瀬戸倉について聞く。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新73話 ネタバレ感想 瀬戸倉涼は自殺?

瀬戸倉は練炭自殺? 犯人と目されていた瀬戸倉涼が、まさかの自殺?で発見される。 どうやら締め切った車内で練炭を焚いて死んだ模様。 現場に真壁や金田一、フミ、アガサも到着。 さらに編集の蓑田ミステリ作家間宮も関係者ということでやって来る。
スポンサーリンク
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新72話 ネタバレ感想 瀬戸倉涼が発見

第三の事件発生? 神奈川の綾瀬にある廃屋にたどり着いたフミと彼氏の小美野。 中に入ると、椅子に座って背を向けている人影を発見。 しかし、それはマネキンだった。 首にはネクタイが撒かれており、「綾瀬殺人事件」の第三の事件の殺害方法である「絞殺」を見立て
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新71話 ネタバレ感想 フミが殺人現場に

二人が殺される中、金田一は日常へ戻る 自宅で目覚めた金田一。 フミからのライソで、フミが彼氏の小美野と一緒に神奈川の綾瀬へ向かおうとしていることを知る。 さらに、なぜか冬樹アガサからもライソが。 オソカワ出版から紹介されたというアガサは、これから金田一の取材をしたいと申し出てくるが、金田一からしたらストーカーにしか思えない…。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新70話 ネタバレ感想 ミステリ作家たち

見立て殺人失敗? 二人目の犠牲者を発見した金田一たち。 しかし、被害者の免許書には「神山礼児」と書かれていた。 金田一「綾瀬のやと違う…。これじゃ見立て殺人にならないぞ?」 被害者の所持していた名刺には、「便利屋・八雲礼児」と書かれており、犯人はこの便利屋としての通称をどこかで知って二人目の犠牲者に選んだ、という可能性が浮上する。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 69話 ネタバレ感想 金田一を頼る真壁

フミ達が死体発見 映像に映っていた犯行現場についたフミと彼氏の小美野。 そこにはミステリ大賞入選の冬樹アガサも来ており、さらに審査員の間宮利一も登場。 全員映像をヒントに、あれが本物の殺人かもしれないと考えてここにたどり着いたのだった。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 68話 ネタバレ感想 フミが殺人現場に

第一の殺人?ただのイタズラ? オソカワミステリ大賞受賞式の途中、モニターに映し出された、殺人の瞬間と思われる映像。 金田一「大賞作の『綾瀬連続殺人事件』だ!これはその第一の殺人そのものじゃないか!」 金田一、まりん、フミの三人は、綾瀬連続殺人事件の内容を整理する。
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 67話 ネタバレ感想 フミの小説を読む高遠

獄中でミステリ雑誌を読む高遠 高遠は雑誌に載っていたミステリ大賞の入賞作を呼んでいた。 高遠は佳作の入賞者のペンネーム『金田一二三(かねだひふみ)』が金田一のいとこの二三であることに気づき、懐かしみながら読んでみることに。 高遠「なるほど、確かこのトリックは実際に彼が解決した事件のものですね。しかし…
金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 最新66話ネタバレ感想 金田一フミ29歳!

最後のターゲットである唐崎萌音を殺そうと、ナイフを振り上げる白鳥麗桜。 金田一が止めようとするが、間に合いそうにない。 しかし、白鳥がナイフを握る右手を、何者かが止める。 それは白鳥の左手だった。 白鳥「え?なんなの?手が勝手に…!離して…!」
スポンサーリンク