ウマ娘シンデレラグレイ 最新話 37R ネタバレ感想 天皇賞(秋)

ウマ娘37ネタバレ ウマ娘シンデレラグレイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2021年4月8日更新!

ウマ娘シンデレラグレイ 最新話 37R『天皇賞(秋)』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

とらじろう
とらじろう

ネタバレ記事は画像の使用(画バレ)と詳細な書き起こしは避けて、あらすじがざっとわかる程度にとどめてあるよ。

スポンサーリンク

ウマ娘シンデレラグレイ 最新37話 ネタバレ!

天皇賞(秋)。

シンボリルドルフやマルゼンスキーが見守る中、本バ入場の時がやって来る。

重賞7連覇をかけて挑むオグリキャップと、天皇賞春秋連覇を狙うタマモクロス。

タマモクロスはデビュー直後、集団に巻き込まれての転倒がきっかけで、集団を嫌って伸び悩んでいた時期があった。

しかし後方からの追い込み戦法を確立してからは連勝するようになり、後方一気にかけては現役最強とまで呼ばれるようになっていた。

タマモクロスを見守る小宮山は、突然背後から現れた六平に対して、今日のタマモクロスは一味違いますよ、と自信をのぞかせる。

そんな中、各ウマ娘ゲートにおさまって、いよいよ天皇賞(秋)がスタート。

ギリギリまで作戦を練って考え込んでいたトップシュベンツは出遅れ。

先頭に立ったのはロードロイヤル。

猛烈な逃げで一気に6バ身のリードを奪う。

しかし観客の驚きはロードロイヤルの逃げ足以上に、二番手に位置する意外なウマ娘の存在。

それはなんとタマモクロスだった。

追い込みタイプのタマモクロスがこの位置にいることは、見守っていた小宮山も知らなかったらしく、一番の驚きを見せる。

オグリキャップは中断からタマモクロスを見据えるようにレースを運んでいく。

オグリキャップにも、小宮山にも、シンボリルドルフにも、タマモクロスの狙いがわからない。

しかい当の本人であるタマモクロスは、笑顔でレースを運んでいくのだった。

スポンサーリンク

ウマ娘シンデレラグレイ 最新37話 感想と考察レビュー!

意外な戦法で来たタマモクロス…!

トレーナーの小宮山さえも驚いていましたが、ここからどんなレース運びを見せるか楽しみです。

アニメやアプリのゲームだとギャグキャラっぽい側面が強いタマモクロスですが、シンデレラグレイの方では(そういう面もありつつ)ひたすら強キャラ・最強のライバルとして描かれているのがうれしいです。

 

ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のウマ娘シンデレラグレイ 最新37話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

とらじろう
とらじろう

次回の「ウマ娘シンデレラグレイ 38話」もネタバレ記事を更新予定だよ。

コメント

  1. […] ウマ娘シンデレラグレイ 最新話 37R ネタバレ感想 天皇賞(秋)ウマ娘シンデレラグレイ 最新37話 ネタバレ! 天皇賞(秋)。 シンボリルドルフやマルゼンスキーが見守る中、本バ入場の […]