ゴールデンカムイ 最新269話 ネタバレ感想 鶴見ウイルクと再開

ゴールデンカムイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2021年2月25日更新!

ゴールデンカムイ 最新269話『ウイルクのやり方』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

とらじろう
とらじろう

ネタバレ記事は画像の使用(画バレ)と詳細な書き起こしは避けて、あらすじがざっとわかる程度にとどめてあるよ。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 最新269話 ネタバレ!

殺し合うアイヌたち

アイヌたちが凄惨な殺し合い発展していく様子が描かれる。

逃げ延びて菊田に発見された一人も、そのまま息を引き取ってしまう。

鶴見たちはアイヌの7人の死体を発見する。

生首が並べられ、全ての頭部が皮をむかれ、中身を入れ替えられた上、目玉もなくなっている。

鶴見「おそらく一つはキムシプのものだ。アイヌは8人いたのだ。キムシプという存在のあいまいな老人を使って自らの死を偽装したのだ。目玉をくり抜いたのは自分の目に特徴があるから」

鶴見はそう言いながら、ウイルクの皮をなでてなぜかほほにキスする。

鶴見は宇佐美に応援を呼んでくるように、そして菊田へは現場の保護を命じ、ウイルクの追跡は自らが行うことに。

菊田は神妙な顔で、一つの生首を見ている。

それは部下の有古力松の父であり、自分たちの作戦で父が死んでしまったことをどう伝えればいいのか悩んでいた。

宇佐美「言う必要ないじゃないですか。我々はウイルクの正体を伝えて、彼らが勝手に仲間割れしただけ」

菊田「それを期待した作戦だった…」

ウイルクを追う鶴見

現在の時間軸では、有古が杉本&白石とばったり遭遇していた。

そしてアシリパ&ソフィアに、話の続きを利かせる鶴見。

鶴見「あの状況ではウイルクが犯人とされるのは避けられなかっただろう。だからといって自分の顔を剥がすなど、なんという覚悟か。キロランケに対しても、自分が死んだと思えばあきらめると考えたのだろう。そう計算できても常人なら三日三晩かけても決断できない。だが奴は最短で決断し行動した…」

自分の顔の皮をはいだウイルクは、顔に包帯を巻き、金塊の入った袋を背負って森の中を逃げていく。

しかし、追跡者である鶴見に発見されてしまう。

しばし見つめ合った後、ウイルクは思わず「ハセガワさん…」とつぶやく。

その後ウイルクは一旦鶴見を巻くことに成功したのか、金塊と共に小舟で支笏湖を渡ろうとする。

しかし途中で鶴見に撃たれ、ボートは転覆してしまう。

犬童に接触しのっぺら坊になるウイルク

支笏湖を泳いで渡り切ったウイルク。

皮のない顔に包帯、下は全裸という異様な風体で、支笏湖の近辺にあった監獄部屋へ。

ウイルク「お前たちの長に合わせろ」

ウイルクは監獄部屋に板部下を通して犬童典獄に接触。

自分がアイヌの金塊の隠し場所を知っていることを伝え、語句に放置に網走監獄へ収監され、のっぺら坊となった。

キロランケの行方

キロランケはウイルクを追ってキムシプを探していたところ、7人分のアイヌの遺体を見つけ、ウイルクの生首(偽装)を見てウイルクが死んだと勘違いし、涙する。

その後は自分も家族を持てばウイルクを理解できるんだろうか、と家族を持ち、そして日露戦争に参加、戦争も思わって再び戻ってきたところに、ある噂話を耳にする。

見つかった7人の遺体の中には、キムシプの遺体が混ざっていた。

キムシプの両手には狩りのための独特な入れ墨があり、見る者が見ればそれがキムシプであるとわかった。

金塊を探しに行ったのは7人ではなく8人だった。

そして土方歳三がアシリパを探しにやって来る。

網走監獄にいるのっぺらぼうのウワサ、入れ墨の暗号…キロランケの中で、のっぺらぼうがウイルクだという考えが膨らんでいく。

愛する家族が出来たキロランケだったが、ウイルクと同じ考えに至ることはなく、北海道アイヌを守るためにも金塊を極東連邦のために使うべきだという当初の想いをさらに強めていた。

キロランケ(やはりアイツは変わった。ウイルクは群れの中で弱くなったオオカミ。かつてウイルクがあこがれていたオオカミのやり方で、彼を殺した)

そしてキロランケは尾形に狙撃させる形でウイルクを殺したのだった。

[ad]

ゴールデンカムイ 最新269話 感想と考察レビュー!

追跡者からの逃走中に、遠目でぱっと見ただで、すぐに鶴見がかつてのハセガワさんだとわかったウイルク。

やはりウイルクの中でもハセガワさんの存在が忘れることのできない存在だったのが分かってちょっと嬉しかったような、なんというか…。

顔の皮を剥がれた状態で表情がわかりづらいですが、少し動揺しているようにも見えました。

 

それにしてもウイルク、顔の皮をはいだ状態で全然痛がってるような描写ないんですが、意思の力で何とかなるようなレベルなんでしょうか。

もしあらかじめ鎮痛薬とか用意していたなら、顔の皮を剥いで死を偽装するのも、その前段階のアイヌ皆殺しも全てあらかじめ計算していたことだった…とかありそうな気がします。

今回のタイトルが「ウイルクのやり方」という意味深なものも気になります。

そしてウイルク殺害を決めたキロランケの、「殺してあげた」という愛憎入り混じる表現…。

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のゴールデンカムイ最新269話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

コメント

  1. […] ゴールデンカムイ 最新269話 ネタバレ感想 鶴見ウイルクと再開殺し合うアイヌたち アイヌたちが凄惨な殺し合い発展していく様子が描かれる。 逃げ延びて菊田に発見された一人も、そ […]

  2. […] ゴールデンカムイ 最新269話 ネタバレ感想 鶴見ウイルクと再開殺し合うアイヌたち アイヌたちが凄惨な殺し合い発展していく様子が描かれる。 逃げ延びて菊田に発見された一人も、そ […]