ゴールデンカムイ 最新246話 ネタバレ感想 土方陣営と同盟

金カム246ネタバレ ゴールデンカムイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2020年7月2日更新!

ゴールデンカムイ 最新246話『アイヌの偶像』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 最新246話 ネタバレ!

誰にも止められない杉本と牛山の戦い

前回から続く、杉元と牛山の戦い。

杉元は牛山の投げを地面に手をついて強引に防ぎ、反撃の膝蹴りを叩き込む。

牛山は鼻血を出しながらも、杉元の体を押してレストランの壁を突き破って外へ。

二人を止めるべく、海賊房太郎がテーブルを牛山の頭に叩きつける。

が、逆に投げ飛ばされてしまう房太郎。

門倉も二人を止めようと近づくが、勝手に捻挫して断念。

土方がウィンチェスターを杉本へ向けようとすると、そこへアシリパが無言で割って入る。

尾形を探しに行くヴァシリ

門倉がキラウシに、「近くにいる有古と尾形を呼んできてくれ!」と叫ぶ。

尾形がいることを知った杉本は、牛山に背後から首を絞められながら、「頭巾ちゃん、尾形がいるって!」と伝えるが、言葉が通じない。

一方、尾形は高台の上に乗っており、双眼鏡を使ってすでにアシリパを見つけ終えていた。

そして杉元はというと、前にヴァシリが書いた似顔絵を取り出し、身振り手振りで尾形が近くにいることをようやくヴァシリに伝え終える。

興奮した様子で、あたふたし始めるヴァシリ。

そして尾形は、アシリパに向かって狙撃銃を構えていた。

尾形「これをやったら大混乱になるだろうな。はは」

そんな尾形の背後に立つ何者かの足。

尾形ははっと振り返って後ろを見るが、そこには誰もいない。

尾形を狙っているヴァシリは、銃を持って梯子を上って屋根の上へあがる。

同盟を申し出るアシリパ

杉元は土方に、網走監獄ではめられ、尾形に殺されかけた怨みをぶつける。

土方「あそこで殺してもよかった。お前はいずれ邪魔になると分かっていたからな」

杉元「のっぺらぼうと共謀して、アシリパさんをアイヌの偶像に仕立て上げて、独立戦争に駆り立てようとしていたんだろ?」

そうではない、私の考えは違う、と否定する土方。

アシリパは土方が考える未来において、アイヌがどうなっているか聞く。

土方の思い描く蝦夷共和国は、炭鉱を経済基盤に置く。

そして諸外国から移民を募って国力増大。

古くから異民族と交流してきたアイヌには多民族国家のつなぎになってもらう。

そして多民族の血が入り混じったアシリパには、多文化国家を象徴する主導者になってもらう、と。

蝦夷共和国、という単語に房太郎が反応する。

白石「鶴見中尉よりマシって程度だな。こんなとこで鉢合わせる気じゃなかったのに」

アシリパ「第七師団に埋蔵金を奪われるのだけは避けたい。我々の刺青人皮は奪われたが、まだ誰にも把握されていない刺青人皮がある。我々は手を組むしかないんだ」

土方相手に一歩も引かないアシリパを見て、驚く有古。

永倉もアシリパの成長を感じ取る。

杉元との争いを中断した牛山は、追いかけていたはずの上エ地のことをすっかり忘れていたことを思い出す。

上エ地はすでにその場を離れていた。

尾形を狙うヴァシリは屋根の上から双眼鏡で尾形を探していたが、いつの間にか尾形も姿を消してしまっていた。

暗号の鍵はホロケウオシコニ…ではない?

土方達のアジトへ場所を移す。

アシリパだけなら、という条件で、土方達の持っている刺青人皮を全て見せてもらうアシリパ。

アシリパ(私が思うに、刺青人皮には必ず決まりごとがある…)

そして土方達の集めた刺青人皮を並べて見てみるアシリパだったが…。

アシリパ(…違う。ホロケウオシコニではない…!?)

[ad]

ゴールデンカムイ 最新246話 感想と考察レビュー!

ここに来てまさかの土方陣営との共闘展開になってきましたね…!

いきなり話し合いで手を組む、という流れになると杉本もモヤモヤした思いが残ったかと思うので、前回から今回にかけてひとしきり暴れた上で土方にも直接不満をぶつけられたことで、杉元的にもこの展開を受け入れやすくなったように思いました。

土方の話を聞いた白石に「鶴見中尉よりはマシって程度だな」と言わせているのが、土方の案に対する主人公サイドの心情を端的に表してとても分かりやすかったです。

あとヴァシリはどんどんドジっ子みたいになって来てますが、尾形が土方達の元へ戻ってきたらどうするんでしょうか。

杉元たちが土方陣営と一時共闘、という流れを汲んで尾形との再戦を後回しにするのか、それともやはり再戦を優先するのか…?

尾形も幻覚?みたいなものを見始めていますが、これは勇作の足なんでしょうか…?

王様になりたい房太郎は「蝦夷共和国」という単語に反応してますし、アイヌの有古はアシリパの上に立つものとしてのポテンシャル的なものを感じ取ったのか驚きを見せてますし、各キャラの心情や立ち位置にも変化が出てきそう。

最後に土方がアシリパに見せた刺青人皮は江戸貝くんの作った偽物…?

アシリパが本当に暗号を解くカギを握っているのか、偽物を見せて時の反応で試そうとしている…?

アシリパの記憶は暗号を解くカギとは関係ありませんでした、なんてひどいオチはないと思うので、やはり最後に土方が見せた刺青人皮は偽物だった、という可能性が高そうです。

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のゴールデンカムイ最新246話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

コメント

  1. […] ゴールデンカムイ 最新246話 ネタバレ感想 土方陣営と同盟誰にも止められない杉本と牛山の戦い 前回から続く、杉元と牛山の戦い。 杉元は牛山の投げを地面に手をついて強引に防ぎ、 […]