ゴールデンカムイ 最新259話 ネタバレ感想 房太郎VS鯉登!

金カム259ネタバレ ゴールデンカムイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2020年11月12日更新!

ゴールデンカムイ 最新259話『故郷を作る』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 最新259話 ネタバレ!

囚人時代の白石と房太郎

房太郎の囚人時代。

上エ地に叔母が来ていると嘘を付かれていた房太郎は、上エ地を半殺しにして懲罰房に入れられてしまった。

懲罰房から戻った房太郎は、白石と二瓶と話す。

捨て子で寺育ちだった白石なら、俺の気持ちがわかるだろう?と房太郎。

房太郎は、いつか自分の国を作って王様になるという夢を語る。

かつて疱瘡で14人もいた家族を全て失った房太郎は、死にきれないほどたくさんの家族を求めているのだった。

白石「房太郎って寂しがり屋なんだな。その反動で王様目指しちゃうのがお前らしいけど」

房太郎「自分の国を作るのは、故郷を作るってことだ。帰って来られる場所。白石も故郷がないなたら作ったらいいのさ」

白石が杉元を助けに来る!

そして現在。

アシリパを連れて逃げようとする房太郎。

房太郎「アシリパ。金塊のことなんて忘れろ。杉本と故郷に戻って、家族になっちまえよ」

一方、杉元はまだ煙が充満する建物の中で、はいつくばっていた。

朦朧としながらも、アシリパを取り戻そうと前へ進んで行く杉元。

そこへ助けに来たのは、白石だった。

白石「立てるか杉元!!」

房太郎の元へ現れた鯉登!

鯉登「貴様、何者だ。その子供はアシリパか?」

酔いからさめた鯉登が、房太郎の背後から刀を構えて迫ってくる。

房太郎は振り向きざまに挑発を振り乱し、鯉登の視界を覆ってかく乱。

一瞬のスキを突いて房太郎の顎に正拳を叩き込み、さらに銃を引き抜いて一気に勝負を決めようとする。

しかし、近くにいたらしい月島がすかさず発砲し、房太郎の銃を弾き落とす。

形勢不利と見た房太郎は、アシリパを抱えたまま、再び煙が立ち込める建物の中へ逃げ戻っていく。

逃げる房太郎と追う鯉登

房太郎は煙が少ない地下から逃げようとする。

地下には大量のビールがあふれており、ビールの中をざぶざぶと進んで行く房太郎。

アシリパ「金塊が奪われてしまったら…私達の故郷はどうなってしまうんだ…」

アシリパの必死に訴えに、動揺を見せる房太郎。

そこへ追い付いてきた鯉登が、背後から刀で切りかかってくる。

左肩を切りつけられ、アシリパを手放してしまった房太郎は、ビールの中を泳いで逃げていく。

鯉登「あの深手で逃げられるとはな。何者だ?……月島ァ!こっちだ!アシリパを確保した!早く来い!」

振り返って月島を呼ぶ鯉登だったが、その後ろから、逃げたと見せかけてUターンしてきた房太郎が音もなく迫ってくる。

…そして月島がやってくる頃には、鯉登も房太郎の姿もなく、うずくまるアシリパと、鯉登の刀だけが残されているのだった。

[ad]

ゴールデンカムイ 最新259話 感想と考察レビュー!

なんという不安な終わり方…。

宇佐美の死亡に続いて、まさか鯉登まで…?と、不安な想像をしてしまいます。

房太郎もかなり良いキャラをしていますから、終盤まで生き残ると思っていたのですが…ここで死んでしまうかも?という気もしてきて、やはり不安です。

そして次号はふぁんブックが発売…ふあんしかない…。

 

そういえば房太郎が白石にやけにフレンドリーだと思っていたのですが、同じ家族がいない者同士、故郷を持たない者同士で親近感を抱いていたからなのかな、と今回の話を呼んで感じました。

棒太郎はアシリパに対しても、「故郷に戻って杉元と家族になれ」と言ったり、「金塊を奪われたらどうやって故郷を守ればいい?」と言われて動揺したり…こういう人間臭さはすごく魅力的ですね。

故郷を守ろうとするアシリパと、故郷を作ろうとする房太郎、という対比もすごく面白いです。

 

棒太郎も鯉登も死んでほしくないですが、ラストで二人ともいなかったのは、もみ合って二人ともビールの中に落ちてしまった…というところでしょうか。

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のゴールデンカムイ最新259話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

コメント

  1. […] ゴールデンカムイ 最新259話 ネタバレ感想 房太郎VS鯉登!脱出にてこずる杉元たち 切り裂きジャックを確保した土方達は、第七師団との接触を避けるため、すみやかに撤収していく。 杉 […]

  2. […] ゴールデンカムイ 最新259話 ネタバレ感想 房太郎VS鯉登!脱出にてこずる杉元たち 切り裂きジャックを確保した土方達は、第七師団との接触を避けるため、すみやかに撤収していく。 杉 […]