ゴールデンカムイ 最新271話 ネタバレ感想 タイトル回収の神回

金カム271ねたばれがぞう ゴールデンカムイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2021年3月11日更新!

ゴールデンカムイ 最新271話『まだら模様の金貨』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

とらじろう
とらじろう

ネタバレ記事は画像の使用(画バレ)と詳細な書き起こしは避けて、あらすじがざっとわかる程度にとどめてあるよ。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 最新271話 ネタバレ!

二階堂に見つかる有古

教会に近づいた有古は、二階堂に発見されてしまう。

土方たちの動向を伝えに来た、という有古だったが、有古を疑っている二階堂は顔に銃を押し付ける。

有古「そうだ、さっき教会の裏で不死身の杉元を見たぞ。アシリパを追って来たらしい」

二階堂は有古をあっさり解放して、教会の裏手に走っていく。

弱肉強食の世界で日本を守ろうとする鶴見

教会の中では鶴見がアシリパに語り続けていた。

キロランケやウイルクが危機感を覚えていたように、この弱肉強食の世界では、日本もいつ他国につぶされて消えてしまうかわからない。

だがキロランケやソフィアたちパルチザンが画策している極東連邦国家は、おそらく大陸に政府がつくられ、そしてロシアに敗北すれば自動的に北海道がロシアに奪われる。

ウイルクや土方が目指す蝦夷共和国は、国力を上げるために移民を募ることになるだろうが、そうなれば日本を敵対視する者が入り込む可能性が高い。

鶴見「北海道は日本に帰属意識がある者が統治すべきだ。日本は結束しなければいきのこれない」

金塊に宿るカムイ

鶴見はアシリパに、アイヌたちが持っていたまだら模様の金貨を見せる。

鶴見「彼らは自分たちの国を夢見て通過を作った。だがこのまだら模様はどうだ。各地で採れた砂金は金の含有率が違うために、混ざり合わなかったのだ。皮肉にも結束しようとして仲たがいした彼らそのものではないか」

鶴見「私が思うに、全ての元凶はウイルクだけではないと思うんだ。アイヌたちは全ての物にはカムイが宿ると考える。なら黄金にもカムイがいるとすれば…!アイヌに災いをもたらす悪いカムイなのではないかね。触れる者に死をもたらし、醜悪にして狂暴、眩いほど美しい黄金色に輝くカムイ。いわばゴールデンカムイ」

鶴見「7人のアイヌも、ウイルクもキロランケも、網走監獄の者たちも、入れ墨を彫られた囚人たちもみんな殺し合いだ。土方歳三たちも、白石由竹も、杉元佐一も。お前が愛する人間はみんな殺される。私が愛したフィーナとオリガのようにな」

アシリパは鶴見の話を黙って苦しそうに聞き続ける。

鶴見「アシリパ、金塊を放棄しろ。暗号の解き方はすでにわかっているんだろう」

暗号を解くカギを鶴見に言ってしまうアシリパ

ソフィアが止めようとして叫ぶが、鶴見はウイルクの顔の皮をソフィアにかぶせ、口を塞いでしまう。

鶴見「アシリパに脅しは通じないと分かっていたが、迷っているなら言い訳をあげよう」

ウイルクの顔の皮で口をふさがれ、苦しそうなソフィア。

ソフィアを人質に取られたアシリパは、自分しか知らないアチャのアイヌ語の名前……「ホロケウオシコニ」を鶴見に言ってしまうのだった。

[ad]

ゴールデンカムイ 最新271話 感想と考察レビュー!

この終盤に来てからのタイトル回収…!!

鶴見が「ゴールデンカムイ」と言ったシーンは鳥肌ものでした。

暗号の解き方もまんまと鶴見に聞き出されてしまい、これで金塊争奪戦では鶴見が大きくリード。

有古がアシリパ奪還に来ているものの、そばには鯉登と月島も控えていますし、二階堂も有古の嘘にすぐ気づいて戻ってくるでしょうから、圧倒的に不利……。

そして何よりアシリパがめちゃくちゃ辛そうで読んでいてつらいです……。

杉元早くアシリパを助けに来てくれー!

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のゴールデンカムイ最新271話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!