ゴールデンカムイ 最新272話 ネタバレ感想 有古力松が死亡!?

金カム272ネタバレ画像 ゴールデンカムイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2021年3月18日更新!

ゴールデンカムイ 最新272話『イポプテ』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

とらじろう
とらじろう

ネタバレ記事は画像の使用(画バレ)と詳細な書き起こしは避けて、あらすじがざっとわかる程度にとどめてあるよ。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 最新272話 ネタバレ!

有古と菊田の過去

有古と防空壕で過ごした夜の記憶を回想する菊田。

菊田「生きてるか?有古一等卒。何か話せよ。お互い生きてるってわかるように」

有古「……日本に帰ったらマキリを作る練習をしたいです」

有古の父はマキリを作る姿を何度も見せてくれていたが、当時の有古はあまり興味を持っていなかった。

アイヌであることを理由にからかわれた過去もあってか、アイヌであることを面倒くさいと感じていた有古。

だが、有古の父はそんな息子が兵隊に行ったと知って、いつか自分で作れるようにと、有古のためのマキリを作ってくれていた。

有古「でも俺のマキリを作ってる途中で親父は死んだそうです。マキリも行方不明らしくて……。もっとちゃんと見ておけばよかった……」

相槌を打つのも忘れて有古の話に聞き入っていた菊田は、有古の肩にそっと手を置く。

そして現在。

雨の降る教会の近くに菊田が。

そして教会の中には、すでに有古が潜入を果たしていた。

アシリパ奪還に動く有古

アシリパから「ホロケウオシコニ」というウイルクの本当の名前を聞き出した鶴見。

鶴見はすぐに入墨人皮を床にぶちまけ、ギョロギョロ視線を動かして暗号を解読しようとする。

そんな鶴見に有古が近づいて声をかける。

有古「鶴見中尉。土方一味のアジトの場所を伝えに戻りました。今でしたら一網打尽にして向こうの刺青人皮を奪い取れます」

有古は鶴見に声をかけつつ、鶴見の目を盗んでアシリパを縛っていた紐をマキリで切ろうとする。

鶴見「有古……お前はその道を選ぶのでいいんだな?」

有古は鶴見に銃を向け、刺青人皮を渡すように要求する。

この事態にドアの外で盗み聞きしていた月島と鯉登が動く。

ドアを蹴って入って来た月島が有古に発砲し、肩に命中。

有古も椅子の影に隠れながら発砲して銃撃戦になる。

有古に紐を切ってもらったアシリパは、今度はソフィアの紐を切断。

ソフィアが椅子を持ち上げてぶん投げて隙を作る。

鶴見はソフィアの投げた椅子が頭に当たるが、全く動じずに刺青人皮にギョロギョロ視線を這わせ続ける。

アシリパ奪還

銃声は教会の外にも響いており、杉元はビールカーを教会で入り口めがけて走らせる。

少し遠くにいた菊田も教会の方へ向かって走る。

アシリパ、ソフィア、それに菊田も教会からの脱出に成功。

アシリパとソフィアが無事にビールカーに飛び乗ることに成功するが、有古は足を撃たれて倒れてしまう。

自分に構わず行けと叫ぶ有古を残し、ビールカーは走り去っていく。

その場を離れる間際、杉元はわき道から現れた菊田と目が合う。

お互いに「ノラ坊」「菊田さん」と見知った顔に驚く。

有古力松、月島に撃たれて死亡?

菊田は足を撃たれて倒れている有古を発見。

心配そうに近づく菊田だったが……

有古は月島に至近距離から胸を撃たれる。

目が真っ白になる菊田。

アシリパもビールカーの中から有古が撃たれるのを目撃。

月島は顔色を変えずに、菊田の横を通り抜けていく。

菊田は呆然と立ちすくむ。

[ad]

ゴールデンカムイ 最新272話 感想と考察レビュー!

有古……!

まさか有古が死んでしまうとは全く予想していなかったので、月島に撃たれた時はショックでした。

一応まだ正式に死亡が確定したわけではないので、ギリギリ生存のチャンスもある……と言えなくもないですが……。

至近距離で胸を撃たれているし、やはり描写的にはもう完全に死んだように見えてしまいます。

でも都丹庵士やヴァシリや杉本のように死んだと思ったら実は生きていたってゴールデンカムイでは何度かあったので、有古もまだギリギリ助かる可能性を信じたいです。

 

有古はもう動けず、逃げられない状態だったので、殺さなくても生け捕りにすることも可能だったと思うのですが……。

問答無用でぶっ殺した月島のこの容赦のなさ。

直前に鶴見の話を盗み聞いたことで、鶴見への忠誠心が復活したのでしょうね。

 

撃たれた有古が倒れているラストの場面で、菊田は立ちすくみ、月島は横を走っていき、そして教会の前にも誰かの人影がぽつんと立っているんですが……これは鯉登?

もし鯉登なら、ここで呆然と立っているのは、月島が有古を撃ったことに対して何か思うところがあったのでしょうか?

有古が撃たれたこと、というより、再び鶴見に盲目的に従うだけの存在になってしまった月島に対して、思うところがあるのかも……?

鶴見の話を聞いて忠誠心を取り戻したかのような月島に対して、鯉登はそうではない、という対比のように見えました。

ゴールデンカムイを読んでいると感覚が麻痺してくるんですが、月島の行動と表情とか本当にヤバいんですよね。

 

鯉登、それに菊田が有古を(情報を引き出すためという名目で)助けようと動いて手当すれば一命をとりとめる展開もあるかも?とちょっと期待しました。

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のゴールデンカムイ最新272話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!