呪術廻戦 最新68話 ネタバレ感想 夏油が圧倒!近接も強かった!

呪術廻戦68ネタバレ 呪術廻戦
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2019年7月22日更新!

呪術廻戦 最新話『壊玉-肆-』を読んでみたので、

内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

※ネタバレはざっくり要点だけ書いてあります!

・「とりあえずどんな話だったか、パッと知りたい」

そんな方にお勧めのネタバレ記事です!

スポンサーリンク

呪術廻戦 最新68話 ざっくりネタバレ!

たこ焼きを食べ中の伏黒父。

仲介役の男と電話。

伏黒父は五条悟について、うん百年ぶりの『六眼』と『無下限呪術』を抱き合わせで持つ存在として最大限に警戒。

伏黒父がネットで暗殺依頼を流し、賞金稼ぎの呪詛師を動かしたのは、五条の周りの術師と五条本人の神経を削るのが目的。

星漿体暗殺に懸賞金をかけてはいるが、五条が傍にいる限り不可能であり、払うことになるなどとは全く思っていない様子。

 

星漿体の天内理子は、中学校(ミッションスクール)で音楽の授業中。

場所の候補は音楽室か礼拝堂。

五条が礼拝堂に、世話係の黒井が音楽室に、夏油が正体不明2人の対処にあたることに。

 

正体不明の正体が盤星教の差し金なら厄介なことになるな、と感じる夏油。

そこへ現れる正体不明の一人、式神使いの呪詛師の老人。

 

老獪な態度を見せる呪詛師の老人と、廊下で対峙する夏油。

老人は夏油が呪霊操術を使うと見抜き、近接戦闘が苦手と踏んで、接近しようと考えるが…

夏油の操る芋虫型の呪霊が老人めがけてとびかかる。

 

逃げ場はないと思われたが、老人は窓を突き破って外へ退避。

さらに別の窓を突き破って夏油の背後をとり、奇襲を仕掛ける。

 

瞬間、老人の脳裏に走馬灯がよぎる。

浮かんだ記憶は、かつて飼っていた愛犬・太助との日々。

 

そして現実。

老人の奇襲を回避した夏油は、反撃に首をねじり、下あごを打ち抜いてノックダウンさせる。

 

夏油は老人が接近戦を仕掛けたがっていることを看破し、わざとそう来るよう仕向け、見事反撃して仕留めたのだった。

ぐったりする老人に、「Q」なのか「盤星教」なのか問いただそうとする夏油。

 

星漿体・天内理子は礼拝堂で音楽の授業中。

五条と黒井、そしてもう一人の賞金稼ぎの呪詛師は、それぞれ天内理子の元へ急ぐのだった。


呪術廻戦 最新68話 感想と考察レビュー!

夏油は近接戦闘もめちゃ強ですね!

今回戦った呪詛師も、夏油が使うのが呪霊操術であると即座に見抜くなど、老獪なそぶりを見せていましたが…

術式の各も、読み合いも、そして近接戦闘も、すべてにおいて夏油の方が上回っていたようですね。

伏黒父は五条の周りの術師を削りたいようですが、今回の戦いでは夏油はほとんど消耗してないように感じました。

もう一人の呪詛師がよほど強くない限り、戦うのが五条でも夏油でもやはり消耗させるのは難しそうで、捨て石にすらならなそうな気もしてきました。

ここまではまだ伏黒父の想定内なのでしょうか?

お世話係だとされる黒井美里に関しても、まだ深い説明がされていませんが、彼女も戦闘をこなせるのでしょうか?

夏油が相手がQなのか盤星教なのか、をやたら気にしているのも気になりますね。



ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回の呪術廻戦68話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

 

 


今回は「2019年7月22日」発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載された「呪術廻戦・最新68話」の内容を、ネタバレ含む感想・考察記事としてレビューしました!

 

次回の「呪術廻戦69話」は、「2019年7月29日」発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載される予定です。

次回の「呪術廻戦69話」もネタバレ感想記事を更新予定です!

コメント

  1. […] 呪術廻戦 最新68話 ネタバレ感想 夏油が圧倒!近接も強かった!今回は「2019年7月22日」発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載された「呪術廻戦・最新68話」の内容を、ネタバレ含む感想・ […]