ゴールデンカムイ 最新254 ネタバレ感想 門倉の尻を叩く宇佐美

ゴールデンカムイ254ネタバレ ゴールデンカムイ
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2020年10月1日更新!

ゴールデンカムイ 最新254話『窮鼠』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 最新254話 ネタバレ!

ヴァシリに気づく尾形

自分を狙った狙撃手が、ロシアで戦ったヴァシリかもしれない、と感づく尾形。

尾形(ははっ、まさか…札幌まで?……いや。俺なら行く。どちらかが死ぬまで追いかける)

尾形はヴァシリに反撃できる場所を探し始める。

一方、ジャック・ザ・リッパーを追っている土方歳三たち。

都丹庵士がジャックの隠れている方角を見つけ、近くにいた夏太郎が発砲。

隠れながら逃げ回るジャック。

ジャックは藁苞(ビールを箱詰めするときの緩衝材としてのワラ束)を発見し、火を放つ。

驚く永倉、外へ逃げていく都丹庵士と夏太郎。

その隙をついて逃げていくジャック…。

門倉を追い詰める宇佐美

息を切らして階段を上がっていく門倉を、余裕の笑みで追い詰めていく宇佐美。

宇佐美は門倉を壁に押し付け、ふくらんだお腹に手をかける。

宇佐美「こんなに出ちゃってみっともない。このお腹…土方に預けられた刺青人皮なんでしょ?」

鶴見の入れ知恵で、土方は仲間たちに少しずつ刺青人皮を預けているはずだ、と考えていた宇佐美。

門倉の来ていた衣類をビリビリ引き裂くと、刺青人皮がドサッと落ちてくる。

宇佐美は刺青人皮を回収するが、その後も門倉の上にまたがって、おしりを露出させてパンパン叩き始める。

宇佐美「もっとあるんでしょ?ほら、出してくださいよ門倉部長!」

興奮した宇佐美は、さらに門倉の上着もまくりあげるが、意外な何かを見てしまったらしく、「え?」と驚く。

そこへ何者かが階段をしたから上がってくる。

なんとそれはヴァシリに反撃できる場所を探していた尾形だった。

宇佐美VS尾形

宇佐美は門倉を置いておいて、尾形を待ちかまえる。

宇佐美に気づいていなかった尾形は、一瞬反応が遅れてしまう。

宇佐美はやってきた尾形の側面に、すかさず蹴りを叩き込む。

さらに間髪入れず、銃剣を突き立てようとする。

しかし尾形は上手く回避して、銃の持ち手の部分で銃剣の刃先を叩き割る。

アシリパVSジャック

行き止まりに行き当たったアシリパの後ろから、ジャック・ザ・リッパーがぬっとあらわれる。

ジャック「あなたアイヌでしょう?すばらしい…ワタシ、アイヌの話を聞きました。」

ジャックはアイヌに伝わる「女しかいない島」の話を始める。

島の女は東の島に尻を当てると子供ができるのだという。

ジャック「すばらしい…やはり女性はひとりで子供を産めルんだ」

アシリパもその話は叔母から聞いて知っていた。

子供の頃のアシリパはその話を信じて、自分もそうやって生まれたのか、アチャに確認してみた。

アチャの答えは、「私がお前の母リラッテと、ウオラムコテしたからだよ」というものだった。

ジャック「聖書にも同じ話があります!聖母マリアです!」

だからあの女たち…娼婦たちは間違っており、自分はその罪を聖なる水で赦してやっていたのだというジャック。

ジャック「あなたも、東の風にお尻を当てて生まれアイヌなんでしょう?」

アシリパ「私は両親がウオラムコテ(互いに心つける…)愛し合って生まれた」

アシリパは隠し持っていたストゥ(お仕置き棒)でジャックの脛を思いっきり叩く。

さらにアシリパは、跪いたジャックの顎をフルスイングして撃ち抜くのだった。

[ad]

ゴールデンカムイ 最新254話 感想と考察レビュー!

顔を見たわけでもないのにヴァシリが追って来たことに気づける尾形が、熟練のスナイパー同士だからこそわかり合える、という感じですごくかっこよかったです。

アシリパや夏太郎も頼もしくなってきた一方で、門倉を追い詰める宇佐美の変態っぷりが際立っていて、ものすごくカオスでもありました…。

アチャがアシリパに、ウコチャヌプコロではなくウオラムコテという表現で伝えたのはとても美しくて素敵でした。

ゴールデンカムイは本当に、美しさや汚らしさ、一話の中で色んな要素がぶち込まれてて、最高に面白いです!

スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回のゴールデンカムイ最新254話ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

コメント

  1. […] ゴールデンカムイ 最新254 ネタバレ感想 門倉の尻を叩く宇佐美自分を狙った狙撃手が、ロシアで戦ったヴァシリかもしれない、と感づく尾形。 尾形(ははっ、まさか…札幌まで?……い […]