鬼滅の刃 最新174話ネタバレ感想 玄弥の血鬼術!黒死牟の過去!

鬼滅の刃174話ネタバレ画像 鬼滅の刃
スポンサーリンク
ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

2019年9月14日更新!

鬼滅の刃 最新174話『赤い月夜に見た悪夢』を読んでみたので、内容をネタバレしつつ感想を書いてみます!ネタバレしタイガー!

とらじろう
とらじろう

まずは前回173話『弱者の可能性』の内容を振り返ってみるよ。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 前回173話 あらすじ

黒死牟との戦いの中、失血死寸前の無一郎は、捨て身で隙を作ることを決意。

無一郎の狙いを察した悲鳴嶼と実弥も同時に動く。

さらに黒死牟の警戒の外だった玄弥は、黒死牟の髪と折れた刀を取り込んだことで変異し、黒死牟に銃弾を放つのだった。


鬼滅の刃 最新174話 ネタバレ!

玄弥の銃弾を弾いたはずの黒死牟だったが…

銃弾が生き物のように軌道を変えて体にめり込む。

黒死牟は変異した玄弥を見て、自分の一部を吸収したことに気づく。

 

玄弥は血鬼術を使えるようになっており、木の根を張って無一郎ごと黒死牟を拘束。

さらにそこへ悲鳴嶼と実弥のコンビが首を狙って刀を振ってくる。

400年ぶりに生命の危険を感じた黒死牟。

そして黒死牟は400年前に、やはり自分を脅かした一人の男のことを思い出す。

 

400年前のある日、赤い月の夜。

黒死牟の前に現れたのは、年老いた双子の弟だった。

継国縁壱…最後に会ってから六十数年たっており、すでに八十を越えている老人だった。

縁壱は25になる前に痣を発現したようなのだが、未だ生き続けていることに黒死牟は驚く。

縁壱「お労しや、兄上」

六十年前は弟のことを目障りに感じていた黒死牟だったが…

わずかな感情すら見せなかった弟が初めて涙を流すのを見て込みあげてくるものを感じる。

黒死牟は老いた鬼狩りの弟を殺すことを決意するが、縁壱もまた鬼になった兄を殺そうと構える。

一部の隙も無い構えから、抜刀一線、黒死牟の首を切り裂く縁壱。

首の切断までは至らなかったものの、縁壱の速さと威力は老いてなお、黒死牟の知る全盛期の弟のものと変わらなかった。

黒死牟の脳裏に、弟を怨み、嫉妬していた日々の記憶がよみがえる。

黒死牟(なぜいつもお前が。お前だけがいつもいつも特別なのか)

そして今また弟を憎み、殺したいと願う黒死牟だったが…

次の一撃で自分の首が落とされるだろう、という確信めいた思いを抱く。

黒死牟(あの方をも追い詰めた剣技。それは神の御業に他ならない)

焦燥と敗北感で五臓六腑がねじ切れそうになりながらも、次の一撃を待つ黒死牟だったが…

その一撃を放つことなく、縁壱は直立したまま、寿命が尽きて死んでしまっていた…。


鬼滅の刃 最新174話 感想と考察レビュー!

黒死牟の双子の弟、縁壱という新キャラクターが登場しましたが…

400年前のこととはいえ、黒死牟相手に80歳を越えて優位に立てるほどの実力者は、今の鬼殺隊には存在しないくらい、別格の強者なのではないでしょうか…?

最後は寿命で死んでしまいましたが、戦うのがもう少し早ければ、縁壱が黒死牟を倒しきれていたように思います。

 

黒死牟は圧倒的な強さ以外、過去については謎が多かったのですが、今回少し判明しましたね。

童磨や猗窩座が小競り合いをしている中でも、超然とした態度を崩さず、底が見えなかった黒死牟ですが…400年前、双子の弟に対して嫉妬心を抱いていたことがわかり、はじめて黒死牟の人間らしさ(鬼ですが)というか、心理的に弱い一面が見れたように感じました。

 

ただ、猗窩座の時もそうでしたが、鬼側の過去を掘り下げるエピソードが描かれる時は…決着の時が近いことを示しているように思います。

想定外だった玄弥の血鬼術で身動きを封じられ、悲鳴嶼と実弥の同時攻撃が迫る中、黒死牟が見ているのは走馬灯のようなものなのではないでしょうか。

次回は巻頭カラーのようですが、おそらくそこで今回の戦いに決着がつく気がします。

鬼殺隊側の勝利で終わる、と思うのですが…。


ネタバレタイガー
ネタバレタイガー

今回の「鬼滅の刃 最新174話」ネタバレ感想記事は以上です!

ネタバレしちゃいましタイガー!

今回は「2019年9月14日」発売の「週刊少年ジャンプ42号」に掲載された「鬼滅の刃 最新174話」の内容を、ネタバレ含む感想記事としてレビューしました!

次回の「鬼滅の刃 第175話」は、「2019年9月21日」発売の「週刊少年ジャンプ43号」に掲載される予定です。

とらじろう
とらじろう

次回の「鬼滅の刃 175話」もネタバレ記事を更新予定だよ。

コメント

  1. […] 鬼滅の刃 最新174話ネタバレ感想 玄弥の血鬼術!黒死牟の過去!玄弥の銃弾を弾いたはずの黒死牟だったが… 銃弾が生き物のように軌道を変えて体にめり込む。 黒死牟は変異した玄弥を […]